公益通報とは

企業の行為が国民に不利益となる法令違反行為であった場合に、それを一番知り得る立場にあるのは、その企業内で働く人です。
その事実を公表することで国民の生命、身体、財産などへの被害を食い止めることが可能となります。

このように、労働者が働いている企業の法令違反行為について通報することを、「公益通報」といいます。

しかし、労働者と使用者との契約関係において、労働者は使用者に対して、企業の不利益とならないように行動する義務(誠実義務)があります。
また、賃金を使用者から支払ってもらっている立場です。
したがって、公益通報をしたくても、減給、降格、解雇といった不利益を、労働者は意識せざるを得ません。

そこで、公益通報をしたことを理由とする労働者の不利益を無効とする公益通報者保護法が制定されたのです。
また、公益通報者保護法には、公益通報を受けた通報先が取るべき措置も、規定されています。

公益通報が活用され、国民生活の安心、安全に役立つことが期待されています。

公益通報の記事一覧

お問い合わせ

所在地
愛知県丹羽郡扶桑町大字高木字桜木558番地
桜木ハイツ101号室
E-mail
電子メールアドレスを画像で表示
Tel
0587-81-5106
Fax
0587-81-5107
Copyright © 2008-2017 Kazutoshi Imai. All rights reserved.