行政書士今井和寿事務所・特定社会保険労務士今井和寿事務所

お問い合わせ

雇用保険の手続きを、社会保険労務士に依頼しましょう。

雇用保険の手続き

雇用保険は国が管理運営を行っていますが、原則として、事業主や労働者本人が手続きを行わなければなりません。

どんなときに手続きが必要となるのか、主なものを述べますと、

雇用保険に新規に加入するとき

被保険者となる従業員を採用したとき

被保険者の氏名が変わったとき

被保険者が転勤したとき

被保険者が退職したとき

60歳以上65歳未満の被保険者が高年齢雇用継続給付の対象者となったとき

被保険者が育児休業を取得し、育児休業給付の対象者となったとき

被保険者が対象家族を介護するため休業し、介護休業給付の対象者となったとき

教育訓練給付の支給を申請するとき

失業した場合の給付を受けるとき

助成金の受給をするとき

といった場合です。

それぞれの手続きには、要件、期限、記載事項、添付書類等があり、迅速に手続きができるようになるには、経験が必要かもしれません。
煩わしい、めんどうだと感じられるのであれば、社会保険労務士に依頼することも方法ではあります。

労働保険の記事一覧

内容証明郵便

相続

離婚

公益通報

株式会社

LLC 合同会社

LLP 有限責任事業組合

創業関連の補助金・助成金

労働保険

社会保険

就業規則

雇用関連の助成金

個別労働関係紛争

解雇

パワーハラスメント(パワハラ)

セクシュアルハラスメント(セクハラ)

労働基準監督署の調査

ページのトップへ戻る