行政書士今井和寿事務所・特定社会保険労務士今井和寿事務所

LLCは株式会社と比べて、内部自治や損益分配に柔軟性があります。

LLC 合同会社とは

LLCとは、合同会社のことで、有限(Limited)、責任(Liability)、会社(Company)の頭文字からLLCという略称になっています。

LLCは、会社法に基づく事業組織です。
社員が出資者となり、事業運営についてのきまりである定款を作成し、登記申請により設立されます。

LLCの特徴

社員(出資者)が有限責任であること

原則として出資額の範囲までしか責任を負わないということです。
ですから、LLCが負債を残して経営破綻となっても、社員は自分の出資金がなくなってしまうだけで済むということです。

社員の内部自治(定款自治)であること

内部自治とは、組織の内部ルールを、その組織を構成する者で決定することをいいます。
LLCの場合は、社員が作成する定款に基づいて事業運営が行われますが、必要に応じて社員が定款の変更をすることができるので、柔軟な自治が可能です。
また、LLCは、株式会社のように取締役や株主総会といった機関の設置が義務付けられていないので、社員による迅速な意思決定が可能となります。

損益分配の自由があること

損益の分配について、出資比率と異なる分配をすることもできます。
株式会社では、株主の出資比率に応じて損益を分配することが、原則とされています。
LLCでは、定款に損益分配の割合を定めることで、出資比率と異なる分配が可能となります。

法人格があること

LLCは、会社法に基づく事業組織であるので、営利を目的として設立される法人です。
ですので、まず、LLCに法人税が課税され、社員への配当には所得税が課税される二重課税となります。

1人で設立できること

LLCは、社員1人でも設立することができます。

LLC 合同会社の記事一覧

内容証明郵便

相続

離婚

公益通報

株式会社

LLC 合同会社

LLP 有限責任事業組合

創業関連の補助金・助成金

労働保険

社会保険

就業規則

雇用関連の助成金

個別労働関係紛争

解雇

パワーハラスメント(パワハラ)

セクシュアルハラスメント(セクハラ)

労働基準監督署の調査

ページのトップへ戻る