行政書士今井和寿事務所・特定社会保険労務士今井和寿事務所

中小企業の社長さんとそのご家族は、労災保険に加入できる場合があります。

労災保険の中小事業主等の特別加入

労災保険は、使用される労働者を保護することが、本来の目的です。
したがって、会社の社長は、保護の対象にはなりません。

しかし、中小企業の社長の業務の実態はどうでしょうか?
大企業の社長のように、経営に関することを、専らやっているでしょうか?

中小企業の社長は労働者といっしょに、工場とか店舗といった現場で働いていることが多いですよね。

ということは、仕事中に被災する可能性が、一般の労働者と同様になってしまいます。
(さらに、中小企業では社長の家族も、労働者といっしょに現場で働いていることが多いですよね。)

そこで、中小企業の社長と社長の家族等については、労働者に準じた保護をする制度として、労災保険の中小事業主等の特別加入、という制度があります。

特別加入の要件

特別加入できる中小事業主等とは、次の要件を満たす者です。

(1) その事業について、労災保険に係る保険関係が成立していること
(2) 労働保険事務組合に、労働保険事務の処理を委託している事業主
(3) 金融業もしくは保険業、不動産業または小売業を主たる事業とする事業主については、常時50人以下の労働者を使用する事業主
(4) 卸売業またはサービス業を主たる事業とする事業主については、常時100人以下の労働者を使用する事業主
(5) (3)および(4)以外の事業主については、常時300人以下の労働者を使用する事業主
(6) (3)、(4)または(5)の事業主が行う事業に従事する家族従事者や役員

中小事業主等が特別加入するには、申請書を労働基準監督署長を経由して都道府県労働局長に提出し、承認を受けなければなりません。

労働保険の記事一覧

内容証明郵便

相続

離婚

公益通報

株式会社

LLC 合同会社

LLP 有限責任事業組合

創業関連の補助金・助成金

労働保険

社会保険

就業規則

雇用関連の助成金

個別労働関係紛争

解雇

パワーハラスメント(パワハラ)

セクシュアルハラスメント(セクハラ)

労働基準監督署の調査

ページのトップへ戻る