株式会社の設立

株式会社の設立方法には、出資者の決め方の違いから、発起設立と募集設立の二つに分かれます。

株式会社の設立手続きの大まかな流れは、次のようになりますが、機関構成や定款の内容によって、手続き内容は異なります。

株式会社の設立手続きの大まかな流れ

発起設立

発起設立とは、会社を設立しようとする人(発起人)が、発行した株式をすべて引き受けて、株式会社を設立する方法です。
つまり、会社を設立しようとする人(発起人)だけが出資することになります。

現在、株式会社の設立時の出資は1円から可能ですので、小さな会社を作るのであれば、発起設立が適しているといえるでしょう。

募集設立

募集設立とは、会社を設立しようとする人(発起人)が一部の株式を引き受け、他の株式を引き受けてくれる人を募集して、株式会社を設立する方法です。
つまり、必要とする資本を一般の人から集めることができるのです。

したがって、会社を設立しようとする人(発起人)の出資額を少なくすることができ、かつ、多くの人から出資額を集めることができるので、大きな会社を作るのであれば、募集設立が適しているといえるでしょう。

LLC 合同会社の記事一覧

お問い合わせ

所在地
愛知県丹羽郡扶桑町大字高木字桜木558番地
桜木ハイツ101号室
E-mail
電子メールアドレスを画像で表示
Tel
0587-81-5106
Fax
0587-81-5107
Copyright © 2008-2017 Kazutoshi Imai. All rights reserved.