行政書士今井和寿事務所・特定社会保険労務士今井和寿事務所

職場のトラブル防止にも、就業規則は役立ちます。

就業規則のメリット

会社は人の集まり(組織)ですから、いろいろなトラブルが生じます。
それぞれが自分勝手な人でなくても、意識や価値観が異なっているので、秩序を保つことは難しいのです。

経営者が、トラブルが起こるたびに対応しなければならないようでは、経営業務が滞り、会社運営が停滞してしまいます。

組織に対して統一したルールがあれば、そのルールに従ってもらうことで、トラブルの予防が可能となります。

従業員にとっては、ルールに従って行動すれば問題にならないわけですから、公平感、安心感のある職場環境として仕事に打ち込むことができるようになります。

ただし、就業規則は使用者が作るので、労働者にとって強権的な内容に偏ってしまうと、やる気をなくしてしまう、離職者が増えるなどのデメリットが生じることがあります。
したがって、労働者とよく話し合い、労働者の自立性や創造性を大切にした内容とすることが求められます。

就業規則に従う組織は統一性のある集団となり、効率の高い会社運営がなされるので、業績もよくなるのです。
会社の発展のために、就業規則を工夫して作成しましょう。

就業規則の記事一覧

内容証明郵便

相続

離婚

公益通報

株式会社

LLC 合同会社

LLP 有限責任事業組合

創業関連の補助金・助成金

労働保険

社会保険

就業規則

雇用関連の助成金

個別労働関係紛争

解雇

パワーハラスメント(パワハラ)

セクシュアルハラスメント(セクハラ)

労働基準監督署の調査

ページのトップへ戻る