行政書士今井和寿事務所・特定社会保険労務士今井和寿事務所

お問い合わせ

事業主には、セクハラ(セクシュアルハラスメント)に対処する義務があります。

セクシュアルハラスメント(セクハラ)について事業主の講ずべき措置

職場でセクシュアルハラスメントが起きた場合に、被害者である労働者からの相談に応じ、適切に対応するための雇用管理上必要な措置を講じることが、事業主の義務として定められています
(雇用の分野によける男女の均等な機会及び待遇の確保等に関する法律(男女雇用機会均等法)第11条第1項)。

したがって、セクシュアルハラスメントは社員どうしの個人の問題であるとして、事業主が放置することは許されません。

事業主の講ずべき措置として、具体的に何をするかということについては、厚生労働大臣が、事業主が職場における性的な言動に起因する問題に関して雇用管理上講ずべき措置についての指針(平成18・10・1)厚労告615号、(平成28・8・2)厚労告314号)を定めています。

この指針の概要は、以下のようになっています。

(1)事業主の方針の明確化及びその周知・啓発

セクシュアルハラスメントの内容およびセクシュアルハラスメントがあってはならない旨の方針を明確化し、管理・監督者を含む労働者に周知・啓発すること

セクシュアルハラスメントの行為者(加害者)に厳正に対応する旨の方針および対処の内容を就業規則等の服務規律を定めた文書に規定し、管理・監督者を含む労働者に周知・啓発すること

(2)相談、苦情に応じ、適切に対応するため必要な体制の整備

相談窓口をあらかじめ定めること

相談窓口の担当者が、相談に対し適切に対応できるようにすること

セクシュアルハラスメントの発生のおそれがある場合や、セクシュアルハラスメントに該当するか否か微妙な場合であっても、広く相談に対応し、適切な対応を行うようにすること

職場における妊娠、出産等、育児休業等に関するハラスメントの相談窓口と一体的に、相談窓口を設置し、一元的に相談に応じることのできる体制を整備することが望ましいこと

(3)職場におけるセクシュアルハラスメントに係る事後の迅速かつ適切な対応

セクシュアルハラスメントの事実関係を迅速かつ正確に確認すること

セクシュアルハラスメントの被害者に対する配慮のための措置および行為者(加害者)に対する措置をそれぞれ適正に行うこと

セクシュアルハラスメントの再発防止に向けた措置を講ずること(セクシュアルハラスメントが生じた事実が確認できなかった場合においても、同様の措置を講ずること)

(4)(1)から(4)までの措置と併せて講ずべき措置

セクシュアルハラスメントの相談者、行為者(加害者)等のプライバシーを保護するために必要な措置を講ずるとともに、その旨を労働者に対して周知すること

労働者が相談をしたことまたは事実関係の確認に協力したこと等を理由として、不利益な取扱いを行ってはならない旨を定め、労働者に周知・啓発すること

労働トラブル・未払い賃金残業代の情報を紹介しています

労働トラブルや未払い賃金残業代については、下記のWebサイトに情報を掲載しておりますので、ぜひご覧ください。

労働トラブル相談センター

未払い賃金残業代相談センター

セクシュアルハラスメント(セクハラ)の記事一覧

内容証明郵便

相続

離婚

公益通報

株式会社

LLC 合同会社

LLP 有限責任事業組合

創業関連の補助金・助成金

労働保険

社会保険

就業規則

雇用関連の助成金

個別労働関係紛争

解雇

パワーハラスメント(パワハラ)

セクシュアルハラスメント(セクハラ)

労働基準監督署の調査

ページのトップへ戻る