行政書士今井和寿事務所・特定社会保険労務士今井和寿事務所

パワハラ(パワーハラスメント)は、労働トラブルです。

パワーハラスメント(パワハラ)とは

パワーハラスメントとは、職場での地位や権力という力関係やその他の優位性を背景・起因とするいじめ、嫌がらせのことをいいます。
(上司から部下に行われるものだけでなく、先輩・後輩間や同僚間、部下から上司に対して行われるものも含まれるとされています。)

パワーハラスメントとしての行為には、暴力をふるう、大声で怒鳴る、差別する、無視する、というように、さまざまな身体的・精神的行為があります。

パワーハラスメントという言葉が使われる以前から、職場でのいじめ、嫌がらせはあったのですが、近年、パワーハラスメントといわれる言動の深刻さが目立ってきました。
それは、リストラ、成果主義などにより職場環境が厳しくなり、労働者どうしの競争の激化、自己愛・利己主義的な労働者の志向の高まりにより、弱者・他人を思いやる余裕がなくなってしまったことが、大きな理由だと思います。

パワーハラスメントは、人間関係の個人的な問題ではなく、職場環境を原因とする労働問題・労働トラブルであるといえます。
さらに、パワーハラスメントにより、仕事ができない、職場へ行くことができない状態となれば、賃金を得ることが不可能となり、生存権が脅かされる人権問題となります。

パワーハラスメントには、さまざまなものがありますが、具体的には次のようなものがあります。

リストラを目的として退職に追い込む

無理な目標設定(ノルマ)

特定の者に対する不当な業務命令

アフター5の飲み会や休日のつきあいを強要する

上司が自分のミスを部下に転嫁する

学歴、体型、思想、趣味といった個人の人格にかかわることをからかう、吹聴する

中途採用社員に職務についての知識や情報を教えない

「役立たず」、「のろま」、「おまえの顔なんか見たくない」といった暴言を、言われ続ける

虫が好かないという理由で人事上の評価を低くする

私生活での不満について、周りの者に八つ当たりする

人事権を理由として服従させる

あいさつや会話をしない

労働トラブル・未払い賃金残業代の情報を紹介しています

労働トラブルや未払い賃金残業代については、下記のWebサイトに情報を掲載しておりますので、ぜひご覧ください。

労働トラブル相談センター

未払い賃金残業代相談センター

パワーハラスメント(パワハラ)の記事一覧

内容証明郵便

相続

離婚

公益通報

株式会社

LLC 合同会社

LLP 有限責任事業組合

創業関連の補助金・助成金

労働保険

社会保険

就業規則

雇用関連の助成金

個別労働関係紛争

解雇

パワーハラスメント(パワハラ)

セクシュアルハラスメント(セクハラ)

労働基準監督署の調査

ページのトップへ戻る