行政書士今井和寿事務所・特定社会保険労務士今井和寿事務所

就業規則は、労働者にとっても使用者にとっても重要です。

就業規則の重要性

就業規則の作成・届出義務については労働基準法に定められていますが、その重要性を認識していらっしゃる方が少ないと思います。

単に「法律で決められているから作る」とか、「常時労働者が10人以上いないから関係ない」ということではないのです。

就業規則の重要性として、二つのことを述べます。

まず、一つ目は、「就業規則は、労働者の労働条件を規定している。」ということです。
使用者が労働者に対して、一方的に労働条件を規定しているのです。
(就業規則で定められた労働条件に達しない労働契約は、その部分については無効となり、就業規則で定められた労働条件が適用されます。)

そして、二つ目は、「就業規則の活用は、多くのメリットがある。」ということです。
就業規則は使用者と労働者が守るべきルールであるので、作りたがらない事業主が多いのですが、それは就業規則の有益性をご存じないからだと思います。
会社の実情を分析した上で適切な就業規則を作成できれば、会社運営の効率が高まるはずです。

就業規則の記事一覧

内容証明郵便

相続

離婚

公益通報

株式会社

LLC 合同会社

LLP 有限責任事業組合

創業関連の補助金・助成金

労働保険

社会保険

就業規則

雇用関連の助成金

個別労働関係紛争

解雇

パワーハラスメント(パワハラ)

セクシュアルハラスメント(セクハラ)

労働基準監督署の調査

ページのトップへ戻る